Solution

Issue 課題

専門人材による判断が
必要な細胞培養

細胞治療を始めとする再生医療は、次世代の医療技術として期待されています。

しかし、有望な再生医療シーズが多数開発されているものの、実用化に至っているものは限られています。

この要因の一つは、従来の医薬品に対し製造工程が大きく異なることです。再生医療では細胞が原材料であり、また最終製品にも細胞が含まれます。

しかし、細胞は生き物で提供者ごとにも多様性があるため、細胞製造では専門人材による判断が必要で、装置化が難しいのが現状です。

その結果、研究・治験・商用生産の各フェーズをシームレスにつなぐ方法は確立されておらず、巨額の開発費と製造原価の高止まりに繋がっています。そこで私たちは、誰でも簡単に高い品質の細胞製品を効率的に製造でき、各フェーズをシームレスに移行できる方法が必要と考えています。

Solution 解決方法

研究フェーズから運用できる高度な細胞情報データ基盤

Digital Culture Room

培養条件に加え細胞の定量情報を
クラウドに集約

期待される価値
• 観察と解析の自動化によりコスト削減
• 細胞状態の定量相関分析で、培養品質向上
• チームでデータをリアルタイムに共有し、働き方も改革

Cell Recorder

Cell Recorder

CO2インキュベータ内で顕微画像を取得し
細胞を定量するデバイス

期待される価値
・自動測定、解析による細胞定量で人の判断を不要に
・コードレスで世界最小クラスのデバイスで手軽に運用可能

今後、さらに商用生産フェーズで活用できるプロダクトやフェーズ間を
シームレスにつなぐソリューションを開発、ご提供いたします。